Bill Nelson

maiytreya

若き日のネルソン博士

ビル・ネルソン(ウイリアム・ネルソン)博士の経歴

1951年生まれ。アポロ計画のナビゲーションに18歳で参加、アポロ13号の奇跡の帰還を体験。「量子物理学」「電気工学」を学んだ後「ヤングスタウン州立大学」で数学、瞑想、哲学の教鞭を取る。

8年後デンバーに移動、栄養学、解剖学、生理学、医学、ホメオパシーを学んだ。1987年コロラド州に移動、オハイオ州の医師、及びライセンス臨床のカウンセラーとして活躍。医師としては「北東オハイオ大学医療カレッジ」を卒業したが、現代医療の在り方に失望して医師免許は取得しませんでした。

その後全米各地の大学、医療関連機関などで博士号、修士号を取得しています。この時期より「代替医療」「自然療法」の第一人者として全世界で講師として活躍しました。

中でもロンドンの「王立医学協会」での講演は医療機関のみならず新聞メディアにも大きく取り上げられネルソン博士の推奨する「自然療法は」その後数十本の学位論文のテーマとして欧米の若いドクターに取り上げられました。

ロンドンでカレッジ・オブ・プラクティカル・ホメオパシー(CPH)の教授 を経て、ハンガリーの首都ブタペストの「ゼンメルワイス医科大学」 の大学院教授となりました。なお、ホメオパシーの日本の第一人者である由井寅子氏(CHhom学長)はCPHの大学院生としてネルソン博士か ら直接、最先端の病理学、生理学などを学ぶと同時に、QXの詳細と指導を受けており、今でも親交があるという。

FDAphoto by aga-answer.com

FDAとビル・ネルソン

話は前後しますがビルはアメリカ在住時「EPFX」という器機で「FDA」の認可を受けています。バイオフィードバックを組み込んだ「EPFX」は画期的な自然治癒機器として大きな話題となりましたが更に機能を増した「QXCI」「QX-SCIO」が「FDA」の認可を得られなかったことは非常に不自然なことです。

画期的な技術は時として悪意のある妨害を被ることがあります。バイオ応答医学の分野では生物は電気的エネルギーで構成されていることを示しています。ビル・ネルソン博士はVARHOPEと呼ばれる電気的周波数共振と身体に16ある標準的な電気パラメーターの測定と修正が身体と霊性の根源的な修正に結びつくと考えました。

身体を電気な構成と捉えたQXCIの機能は「宗教的観点」から否定され、本来の自然治癒力を導き出すアプローチは薬剤メーカーの危機感を煽ったようです。様々な中傷を受けたビルネルソン博士は米国を出国しました。

生体エネルギー医学とビル博士

「生体エネルギー医学」は新しいものではありません。古代より人々は私たちを囲むエネルギーを感じながら過ごしてきました。ヒーラーはエネルギーに大きな意味を感じ、長い時間をかけて生体エネルギーを取り扱ってきました。

エネルギー治療は、異なった形態をとりながら時間をかけて進化してきました。科学技術の新しいパラダイムとしてあらゆる分野で研究され現在も発展し続けています。

ビル博士は生体エネルギーと量子論をベースにあらゆる技術を駆使してQX-SCIOシステムを完成させました。

すべての意識の理論「量子論」は、自由空間、フラクタル、システムエネルギー医学など、今や全世界で新しい科学理論として認められています。やがて意識のシステム「量子論」が一般的な科学理論の中心となる日が来ることをビル博士は1970年半ばころに気づいていました。
最も重要であるという概念に基づいて、生体エネルギー医学の中心部を表すENERGY」(エネルギー)これは、アインシュタインの式によって実証されたE = MC2 E の M塊、この方程式が意味するエネルギーと質量が密接に関連している概念もビル博士に大きなヒントを与えました。

アインシュタイン

photo by blog.etn.co.jp

ビル博士はアインシュタイン博士が実証したエネルギーの第一法則と量子物理学を結び付け「生体エネルギーを修正して、被験者の症状を改善させることが出来る」と考えました。知覚されるエネルギーの形態は、知覚者に依存しますが知覚する被験者はそれが何を意味するかは自覚できない。量子物理学が提供する「振動医学」は健康にとって最も洗練されたスマートな方法で被験者の潜在意識にアプローチできる!

すべての細胞、組織、器官は、固有のエネルギー周波数で振動します。私たち生命体は、エネルギーのセットと、ビル博士は説きます。私たちは特定のエネルギーを電気的に保持しています。健康は私たちの体のエネルギーの流れに大きく関連します。エネルギーの流れを乱したときに病気が開始されるとビル博士は忠告します。生体は「未来のリスクに反応し、新しいストレスのアラームである症状を生成します。したがって、体内のエネルギーの自由な流れを回復するために、病気の元である、ストレスやネガティブな感情を除去する必要があります。

SCIOは微妙な、心体と身体との間の矛盾を癒す唯一の真の科学、とも博士は説明します。閉塞を除去する振動フィールド。 すべての生きた細胞が固有の電波信号発している。オーラフィールドさえ電磁波の周波数の変化を伴う。 SCIOは、電磁界と同じことを行うことができます。特定の疾患に対応する毒素、アレルゲンなど、ウイルスに対応する周波数、ビタミンの存在、健康な肝臓の特徴的なパターンも見つけることができます 。この応答性「共鳴」は、生体エネルギー反応の大きな特徴です。

生命体、宇宙のすべてのオブジェクトと同様、常に測定することができる周波数で構成されている電磁波を放出しています。体内のあらゆる臓器や細胞は、独自の周波数を持っています。SCIOは細胞や臓器と、同じ周波数で共鳴します。 

ビル博士は言います「無症状であることは必ずしも良好な健康状態を示すものではありません!」 SCIOの「バイオフィードバック」機能は、任意の疾患または健康問題など、身体のエネルギー場の波の歪みとして定義します。セラピーはこれらのエネルギー障害を修正し、身体に自己治癒力をもたらせます。疾患のリスクや治癒力の目覚めを促すことによりより自然に治る。  生体エネルギーへのアプローチは、別の治療的アプローチに働きかけ、 治癒過程を速める。 例えば、バイオ共振周波数が体の電気的特性に影響を与えるとビル博士は結論します。

量子力学と生体エネルギーへのアプローチという画期的な方法で測定と修正を試みる「QX-SCIO」は数百年、先を行くシステムであるとビル博士は断言します。

img_budapest-1photo by club-t.com

 安住の地「ブタペスト」へ

欧州各地を転々としながら各国で「エネルギー的修正学」の普及と研究を続けてきたビル博士が選んだ安住の地は「ハンガリー」の首都、ブタペストでした。

美しきドナウの流れの湖畔に住居と治療院を構えています。ブタペストに落ち着いた後、ビル博士は「女装」の時間が長くなります。安住の地とともにビル博士が得たものは女性として生きる人生です。

あまり知られていないことですがビル博士は歌手としての才能もあります。とてもリラックスした歌声が印象に残ります。天は二物を与えないといいますが、この例は天才ビル博士には当てはまりません。

まとめ

飛躍的に発達してきた現代医学は先端医療による機器への依存度が増しています。近年立て続けに起こっている先端技術の医療事故、次々と発売される新薬による副作用と薬漬け薬害が問題となっています。

ビル博士は現代医療がもたらすであろう治療リスクを30年以上も前から予測していました。その予測に基づいて正しい医療に役立つアプローチ手段として開発されたエネルギー測定・修正装置がQX-SCIOです。

生命体が持つエネルギーの修正が治癒の本質につながる。現代医学における、アロパシーとは「問題」に直接逆作用することを試みます。QX-SCIOは「問題の内側」の機能に働きかけます。本来生命体が持つ自己治癒力に働きかけ本質的な修正を試みる素晴らしい装置です。

世界で唯一のエネルギー測定修正PCシステムです

Comments are closed