ビル博士と生体エネルギー

生体エネルギー医学とビル博士

「生体エネルギー医学」は新しいものではありません。古代より人々は私たちを囲むエネルギーを感じながら過ごしてきました。ヒーラーはエネルギーに大きな意味を感じ、長い時間をかけて生体エネルギーを取り扱ってきました。

エネルギー治療は、異なった形態をとりながら時間をかけて進化してきました。科学技術の新しいパラダイムとしてあらゆる分野で研究され現在も発展し続けています。

ビル博士は生体エネルギーと量子論をベースにあらゆる技術を駆使してQX-SCIOシステムを完成させました。

すべての意識の理論「量子論」は、自由空間、フラクタル、システムエネルギー医学など、今や全世界で新しい科学理論として認められています。やがて意識のシステム「量子論」が一般的な科学理論の中心となる日が来ることをビル博士は1970年半ばころに気づいていました。
最も重要であるという概念に基づいて、生体エネルギー医学の中心部を表す「ENERGY」(エネルギー)これは、アインシュタインの式によって実証されたE = MC2 E の M塊。この方程式が意味するエネルギーと質量が密接に関連している概念はビル博士に大きなヒントを与えました。

ビル博士はアインシュタイン博士が実証したエネルギーの第一法則と量子物理学を結び付け「生体エネルギーを修正して、被験者の症状を改善させることが出来る」と考えたのです。

知覚されるエネルギーの形態は、知覚者に依存しますが知覚する被験者はそれが何を意味するかは自覚できない。量子物理学が提供する「振動医学」は健康にとって最も洗練されたスマートな方法で被験者の潜在意識にアプローチできる!

生体エネルギーにアプローチするQX-SCIO

すべての細胞、組織、器官は、固有のエネルギー周波数で振動します。私たち生命体は、エネルギーのセットであると、ビル博士は説きます。私たちは特定のエネルギーを電気的に保持しています。健康は私たちの体のエネルギーの流れに大きく関連します。エネルギーの流れを乱したときに病気が開始されるとビル博士は忠告します。生体は「未来のリスクに反応し、新しいストレスのアラームである症状を生成します。したがって、体内のエネルギーの自由な流れを回復するために、病気の元である、ストレスやネガティブな感情を除去する必要があります。

SCIOは微妙な、心体と身体との間の矛盾を癒す唯一の真の科学、とビル博士は説明します。閉塞を除去する振動フィールド。

SCIOは、電磁界と同じことを実現させます。特定の疾患に対応する毒素、アレルゲンやウイルスに対応する周波数、ビタミンの存在を感知し健康な肝臓の特徴的なパターンも見つけることができます 。この応答性による「共鳴」は、生体エネルギー反応の大きな特徴でもあります。

生命体は宇宙のすべてのオブジェクトと同様、常に測定することができる周波数で構成されている電磁波を放出しています。体内のあらゆる臓器や細胞は、独自の周波数を持っています。SCIOは細胞や臓器と、同じ周波数で共鳴します。 

ビル博士は言います「無症状であることが必ずしも良好な健康状態を示すものではありません!」 SCIOの「バイオフィードバック」機能は、任意の疾患または無症状の健康問題など、身体のエネルギー場の波の歪みとしてとらえます。セラピーはこれらのエネルギー障害を修正し、身体に自己治癒力をもたらせます。疾患のリスクや治癒力の目覚めを促すことによりより自然に治る。  生体エネルギーへのアプローチは、別の治療的アプローチに働きかけ、 治癒過程を速めます。

量子力学と生体エネルギーへのアプローチという画期的な方法で測定と修正を試みる「QX-SCIO」は数百年、先を行くシステムであるとビル博士は断言します。

まとめ

生命体は電気的・電磁的エネルギーに満たされています。それぞれの部位・器官は特有のエネルギー周波数を持っています。部位・器官は有機的にエネルギー結合され「気の流れ」によって心身・身体の健康を維持しています。

「気の流れ」に乱れが生じることによって電磁的エネルギーが乱れ病気の原因を生み出します。ビル博士は生体アプローチに独特の理論と高度な電子工学を駆使して電気的な「測定」と「修正」を同時に試みるQX-SCIOを世に送り出しました。量子力学によるエネルギー理論が一般的になる時代になればSCIOの技術的理論が解明されるかもしれません。物事をあるがままに受け止めるのではなく、まず技術的に分析することを優先させる、近代科学の悪しき一面です。SCIOの理論や技術を解析する時間があるのなら、まずSCIOの動作と結果を検証することを最優先させます。

理論分析では「自己治癒力」を高めることはできません。