SCIO for Stress

History and Science of the SCIO

(出典http://www.alternativehopescio.com/historyandscience.html

SCIOの科学と歴史

stephen-william-hawking

ホーキング博士

photo by photo by mo999.com

RifeNewton理論は、時代遅れになってきています。アインシュタイン、スティーブン·ホーキング、とゲイリーズーカフによる最近の本(ダンスウーリー·マスターズ、魂の座)とディーパック·チョプラ量子ヒーリングと彼の他の多くの論文でサポートされているように、この理論は、新しい非線形量子理論によって置き換えられています

電子機器の基本基盤は、生物へのアプローチ手段を変えました。このようなボルテージ、アンペア、オームおよびその他多くの初期の研究者は、それを理解するために、電気的反応性の法則を符号化する方法で生物学を見直すことができると考えました。

 科学者のアプローチ

1900年代、様々な科学者が、電気エネルギーと波パターンの理論を支持するようになってきました。種々の化合物の電気的特性を評価する研究は、それぞれが独自の波動パターンや共振周波数を有しているという結論を導きました。各項目は、その電気的特性の点で他とは異なっていることが証明されました。

1950年代、博士Rheinhold VOLL は、電気エネルギーの先駆者の一人でした。博士VOLLの指導の下で、ドイツの科学者は多くの研究でこれらの理論を展開し「体の電気」電気刺激が、身体の測定方式として高く評価され、認められた方法になりました。

博士VollFurtherの研究は、化合物を操作又は交互/振動電気パターンに供することによって歪むことができることを明らかにしました。高強度のピッチは、ガラスを粉砕することができるのと同じように、特定の周波数で共振する病原体を、それらの共振周波数の振幅を増加させることによって破壊することができました。健康な組織は、自らを増強または増幅することができる原理を再確認しました。

この電気的なエネルギーを利用した、新薬の潜在的な健康上の利点が実現されるようになった時期に、医療分野は二分割しました。一部の医師は、電気医学は世界の健康の面を向上させることができる方法であると説明しました。一方の医療分野では、電気医学の新薬について政治的、経済的影響によって、排除することにしました。

この技術がもたらした信じられないほどの良い結果にもかかわらず、政治的圧力によって電気医学は地下に潜ることを余儀なくされました。新しいアプローチは、旧来の独断的な信念体系と古い秩序には邪魔者でした。権力者は、この新しい薬を抑えるようになりました。この新しい動きに強い政治的圧力をかけたと判断されます。しかし多くの良心的研究者は地下に潜りながら、これらの研究を続けました。

過去30年の間に信じられないほどの進歩が、特にマイクロコンピュータチップの分野で行われてきました。古い侵襲的な方法は、多くの場合、もはや必要ではありません。 SCIOは、非侵襲的な治癒療法として製作に20年が経ちました。世界中の多くの医師は、日常的な医療行為でSCIOを使用しています。量子システムは、次の千年の健康と医療の認識を変えています!

精力的な医学

kusuri-01

大量に処方される薬

癒しの全く新しい形は、20世紀後半に先鞭を見せています。西側世界で実施されるよう、それが生化学上、処方薬で、血液に、手術や治癒に侵襲的(しんしゅうてき)なアプローチに基づいていないので、それは、伝統的な医学への類似点を負いません。これは、量子バイオ共鳴として知られている全く新しいパラダイムです。

アルバート·アインシュタインは、彼の有名な式、E = MC2、の物質とエネルギーの等価性を敷設するときは、電磁場などの新しい次元で人間のシステムを参照するためのパラメータを開きました。これは、エネルギッシュな医療に向けた重要なステップであり、人体の物理をデジタルに理解します。

このことからヒントを得て、新しい医療の方法として今まで存在しなかった、ストレス診断および治療のための新たな可能性をもたらしました。従来の医学の古い形式は、主に観察することが重要でした。また、死亡原因の分析と、死体解剖による原因調査に頼っていました

ライフ生命体情報:エネルギッシュな医学の新しいフォーマットは、全く新しい前提に基づいています。光年先の、量子エネルギーの原理に基づいています。具体的には、バイオ共鳴療法(バイオフィードバック)で、まったく新たな科学です。患者の電磁振動の測定に基づいています。

この領域は、二つのドイツの医師、博士VOLL、博士モレルによって開拓されました。この方式は、ドイツの二人の物理学者、博士ポップス、博士メルスマンによって支援されました。彼らはむしろ薬を通じて癒すよりも、治癒のため患者自身の振動(電気的エネルギー)を使用することができれば、治癒過程は無限に、より効果的であると判断しました。

5628908photo by energy-medicine.org

彼らは、20世紀後半には、ヒト免疫系は、環境要因が大きな負担になっていたこと、そして医療方法に古いアプローチがうまく作用していなかったと考えました。毒素、ストレス、農薬、大気汚染と自動車排出ガス 、 これらすべての要因が急激に増加し、アレルギー反応や健康悪化の原因となったストレス要因を取り除くことが出来ていないことに気づいたのです。

これらの医師は、彼らが、患者に自身の振動を取とりこむことで修正し、その後、再発を防ぐための方式を生み出しました。結果は驚くべきものでした。以前アンバランスで、できたストレス因子によって引き起こされる疾患やアレルギー反応を改善することができました。この進歩により、彼らは世界で最も正確なストレス診断および治療システムを開発しました。これは、電気的情報を介して人間のエネルギーフィールドの補正に基づく方式です。

彼らは、人間の体のシステムは修正のために、化学処方薬、または薬を求めていなかったことと推論しました。体がストレスの影響から自分自身を癒すために、新しい、または失われていた、自己治癒力への気づきを再発見したのです。

バイオ共鳴により、本体は、機器と情報を交換することができます。それは、それらを吸収共鳴機へ電磁信号を送信し、体の振動を補正し、本体にそれを返送します。

この一連の電気的信号のやりとりで、異なる振動のその何千もの、特定の細胞の頻度を修正することができました。補正は、伝統医学のように、生化学で行われていません。補正は、生物物理学を介して達成して送信し、計測器からの振動を受信しています。量子バイオ共鳴、または精力的な、再バランスすることができる完全な健康のための青写真にアクセス出来ます。

HP3810238_Pic21

SCIOはコヒーレントを位相修正します

photo by neoark.co.jp

健康な細胞や組織は、コヒーレント(可干渉性)な性質の周波数を放射します。病気の細胞や組織は、カオス的性質の振動を放射します。共鳴機は、カオス振動を修正し、コヒーレント集積全体にそれらを回すことができます。これらの補正は、精力的なレベルで行われ、体はストレス要因から物理レベルで自分自身を癒して行きます。

精力的な医学では、本体の振動は、生理学的振動として知られています。不調和振動は病的と呼ばれ、乱れた、不均一な流れを持っています。調和のとれた振動は邪魔されず、スムーズな流れを持っています。量子バイオ共鳴は、このように身体からの振動を妨げ、不調和を削除し、調和のとれた、滑らかな流れ振動に置き換えます。

このすべては、代わりに、侵襲的でない医療方法として行うことができます。新しいシステムは非常に短期間で作られました。これは非常に大きな新しいブレークスルーでした。不穏、変性ストレスの周波数を自分自身の治癒力で周波修正することを可能にしました。

電磁振動は同時に、情報測定と情報修正を作用させます。このように、量子バイオレゾナンス、患者や物質の振動、高調波とDIS-高調波振動との間の差、DIS-調和振動の反転と 、 これらはすべてストレスに対処するための治療法の動的新しいプロセスを作成するために一緒に伝えられます。

エネルギッシュな癒しが私たちの時代のストレスのための動的な新しい癒しのパラダイムです。このプロセスは1975年以来、25年間にわたって開発され、欧州では、医師のオフィスで多く使用され5,000以上の導入実績があります。

 SCIOの科学

SCIO-Box-300x199photo by sciosan.com/

画期的なbalanceise博士、ネルソンの仕事の一つが、QX-SCIOを理論ではなく、生体系モデルを測定するための電気的測定・修正機として世に送り出したことです。瞬時に、身体の反応系のインダクタンス、キャパシタンスおよびコンダクタンスを計算するために、電圧、電流値、抵抗値を測定します。したがって、私たちは、これらのマルチ7次元の要素から心と体の接続を測定し、データ化することができます。生物系のQUANTIC性質はデジタルコンピュータのインターフェイスを可能にしました。

ベッカー、プリオリ、Beardallなどの作業を適合させることにより、ネルソンは、時間反転細胞に小さなDCの潜在的なマルチシグナルを開発することができるコンピュータ化されたシステムを開発しました。マルチ信号フラクタルの大規模なセットに、このような分化および再分化のような技術の使用。非線形解析は、その後、深部組織のインターフェースのためのマルチシグナルを開発することができます。これは、免疫機能を刺激し、病原体を破壊し、フリーラジカルなどを解毒するために使用することができます。抗老化、疾患の逆転、癌治療、若返りおよび他のオートフォーカス療法のホストのために使用することができるエネルギッシュな医療装置。この新しい、より強力な治療法は、過去のものよりもはるかに優れたシステムデバイスです。

このQXの背後にある科学理論は、QXをテーマに書かれた300以上の研究論文です。多くは査読医学雑誌に発表してきた1982年に書かれた、PROMORPHEUSの1250ページに含まれています。QXは1995年以来、医療学校で講演されてきました。このエキサイティングな技術の背後にある歴史は巨大です。それはもはや実験ではありません。

科学は発展を続け否定できない新しいparidymeが生まれます。意識の理論、量子論、部分空間システム、フラクタル、などのエネルギーアプローチの他、近代新薬もますます使用されています。世界中の人々が、ニュートン力学とレプリケーションに埋もれているからです。

精力的な医療のエネルギー測定修正装置背後にある科学は、最初の外国旅行の風景のように見えるかもしれません。これらの思考の新しさと古い秩序の抵抗感は非常に強いものがあります。電磁放射やテレビのコンセプトは、何十年か前には理解不能な理論であり仕組みが理解できない機器でした。しかし、今、我々はすべてのテレビの簡単な仕組みを理解しています。私たちがテレビを使用するには、科学のすべてを知っている必要はありません。電磁放射の科学的仕組みを理解する必要もありません。

博士ウィリアムネルソン – SCIOの発明者について

dr bill nelson-1120photo by energy-medicine.org
博士ネルソンは、量子生物学、エネルギッシュな医学、ホメオパシー、代替医療、および自然療法の全分野の科目で最も多作な講師や作家の一人でした。彼はこれらの科目で世界中の講義し、数学、量子物理学、電子工学、自然療法、ホメオパシーとエネルギッシュな医学の科学を統合するユニークな研究者でした。
ロンドンの医学の王立協会での彼の講演は未だに逸話として記憶されています。ホメオパシーの70の研究と20冊の執筆が記録されています。博士、ネルソンはこれまで自然医学への最大の貢献者の一人です。常にこれらの代替薬用技術の背後にある科学的な視点がないと言っている人たちに、私たちはこれらの人々が博士ネルソンの作品を読んでいない、またはそれらが彼と会って、話をしていないと言うことができます。
作品を読み、博士と話をすることによって、博士ネルソンの、代替医療は、医療の未来とこの地球上の生命の未来に新しい可能性を提供するための最適なアプローチであることを理解するであろう。博士ネルソンは、アメリカNutrimedical協会の会長に選出され、ホメオパシー自然療法、科学、ビジネス、国際法における博士号を持っていました。

彼のユニークなプレゼンテーションは、敬虔な思いやりとカリスマ性とともに、科学力、数学的な裏付けに支えられています。博士ネルソンは熟練医師、量子物理学者、数学者、コンピュータの専門家、自然療法医、鍼灸師、およびホメオパシー医です。彼はすべてを相乗的に効果させ、動的な方法でこれらの芸術的な学問をを一体化させています。

精力的なヒーリング

病気を予防し、バランスを維持するために様々な方法があります。我々は、エネルギー的な作用で、最終的に健康体であるための最良かつ最も効果的な方法が自己治癒力であることを認識しています。

SCIOを使用して、すべてのレベルでのストレスや不均衡のすべての分野、電気生理学的反応性、を測定することが、最終的に「治癒」について学習し最も速く、最も正確な方法です。

教授ビル·ネルソンは、安全かつ効果的に疾患のステージを逆転させ、心と身体と精神のバランスを正しいステージに誘導するためにバイオ共鳴を使用し、この素晴らしい機器を発明しました。

diana21909

Diana Donaldson CBS, RScP

あなたはQUANTUM LEAPし良い健康を作るための準備ができていますか?電話してね!

ダイアナ·ドナルドソン
dianaroars@yahoo.com
(818)995-1179

免責事項:SCIOシステムは、バイオフィードバックマルチメディアシステムとして使用されます。これは、応力検出及び応力低減のために設計されています。唯一の許諾実践者は、患者を測定することができます。このシステムは、生物学的および医学的物質の群に微妙な電気的および部分空間の反応を測定するために使用されます。感度は、疾患や苦痛の初期兆候をピックアップするように細かく設定されています。結果、クライアントの自動修正も伴います。

訳者あとがき

この記事は「ダイアナ・ドナルドソン」のブログの要訳です。彼女は極めて優秀な施術士です。QX-SCIOを使用したエネルギー療法士でもあります。現在ダイアナは米国、ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズにほど近い「New You」という緑溢れる静かな街で素敵なサロンを営んでいます。

ダイアナはSCIOとビルネルソン、その他エネルギー的自然療法の研究者としても知られています。今回要訳した文書も彼女の研究のほんの一部分にしかすぎません。ダイアナがどれほど、ビル博士を尊敬しているかを知っていただけるだけでも訳者として冥利につきます。

Comments are closed