論文と研究

La historia del SCIO y su Creador(SCIO誕生物語 by メキシコ)

引用サイト:holistica-cuantica.com

bill-1

photo by holistica-cuantica.com

ヒストリアSCIO(SCIOの歴史)

SCIO にはプログラミングの多くの治療モダリティが組み込まれています。ビル ・ ネルソンの フラクタル力学, 部分空間理論と trivector システムの分野での知識が、バイオフィード バックのこのシステムを可能にしました。

SCIO はエネルギーの異常を検知し、自動的にバランス エネルギー自身に役立つ必要な情報機関を提供するコンピューター システムです。この体のバイオ エネルギー情報は 約210 の同時チャンネルに キャプチャーされます。
SCIO は生体エネルギー療法のすばらしいツールであり変質した器官または有機系のエネルギーの不均衡の結果原因を特定します。操作するセラピストの手でこれらの繊細なエネルギーの不均衡を追跡します。セラピストは、患者のための自然療法を行い、同様に、ライフ スタイルの改善を判定し適正なセラピーを実施できます。

どのように動作します?

ネルソン博士によると任意の条件または人の病状ストレス要素は、エネルギーの流れに混乱を引き起こすときに始まります。自然な反応として自己治癒力は利用可能なリソースを使用して病状やストレスを改善しようと努力します。

SCIO はエネルギーの異常を検出するコンピュータ システムで、生命体自体のエネルギー バランスに役立つ必要な情報を提供します。
システムは、あなたの心身の状態を反映して電気生理体に基づいて動作します。このように人の反応の速さを測った、電圧、アンペア数、抵抗、水和、酸化とプロトン、電子圧力のインデックスを計算します。この方法で、ストレスのレベルを分析し、負のバランスを取りさります。

SCIO は、モデル プログラムに含まれた修正機能で、ストレスを軽減し、体の活力を復元する物理的な精神改善の治療を開始させます。改善結果を示す個々 の反応性を比較します。ビル ・ ネルソン博士によると SCIO は、現在、多くの医療専門家の補完機能機器として使用されています。このシステムの使用は、医者を始め、 鍼灸師、自然療法師、ホメオパシー、理学療法士、心理学者などです。SCIOはメキシコではオルゴンの技術会社によって販売されています。(日本での販売は、ホメオパシック・エデュケーション株式会社のみです)

 SCIO物語は続く

ビル ・ ネルソン博士は、自然療法の全分野で量子生物学、エネルギー医学、ホメオパシー、など代替医療の問題で最も多作な研究科として注目されました。
彼の育った米国ではこのシステムの利点を広げることはできません(FDAがSCIOの認可を与えなかったからです)代わりにビル ・ ネルソン博士は、1993 年にブダペスト、ハンガリーに移動、食品医薬品投与 (FDA)当局と交渉します。その後、科学研究所や学校その他の国の治療機関で講演を行い、アメリカ合衆国、イギリス、ハンガリーでの治療法としてホメオパシーとQX-SCIOの講義を行っています。

さらにSCIO の研究を継続するビル ・ ネルソン博士は、ハンガリーで新しいビジョン を生み出します。ホメオパシー商品独自の数式で少量のレメディを生産する研究室の設置。

視聴覚変更世界生産量の彼自身(彼女)の生産の会社も開始 (世界を変えるプロダクション)、正常性ポリシーと合成麻薬業界の隠された経済的利益について人々に真実を伝え、正しい教育をすることを目的の一つに加えました。

SCIO およびその作成者の歴史

QX-SCIOの生みの親、ビルネルソ博士は、メキシコを訪れた昨年 5 月。2 回のSCIO の国際的な会議で講演しました。代替医学に基づくバイオ エネルギーの私たちの国(メキシコ)で既に公開されている機器の開発の原点を紹介します。

William チャールズ ・ ネルソン (ビル ・ ネルソン) は、才能を健康のためのガイドラインに費やす、専用の独立した研究者のグループに属しています。
アメリカ合衆国、オハイオ州で生まれ(1951年)育った、ビル ・ ネルソンは幼い頃から数学の天才として称賛されていました。彼は青年の時期に量子物理学と電子工学に興味を持ちました。最初に彼の才能を見出したのは、ゼネラルモーター社でした。次のプロジェクトが スペース ジャイロ ナビゲーション システム NASA「アポロ」関連の技術貢献でした。(おそらくアポロ13号の奇跡の件と推察されます・筆者注

自分の祖母が化学療法のせいで死んだことがビルの脳裏から離れませんでした。アロパシー医学の世界と合成麻薬産業によって提供される情報を勉強した後の補完医学が後の人生に影響しました。この段階でビル ・ ネルソンには医学の道に続く意図はなかったのです。しかし、従来の薬では、彼の息子ダニエルの病気は治りませんでした。教授ネルソンは物理的なレベルではなく、生化学的レベルから治療の可能性を検討し始めたのです。彼は医学を量子物理学と電気工学からアプローチする手段を選びました。

ネルソンは生体のベガ ヴォルとブラックベリー、電気刺激装置頭蓋 (CES) のシステムに特に興味を持ちました。病理・病巣の問題を治すため周波数を発生させる。または健康上の問題の診断を支援する体の電気応答を計測する特徴があることにも着目しました。彼はまた人体 – 鍼治療の経絡、チャクラ、エネルギー システムを勉強し運動学を適用することによって筋肉の反応をテストさせました。これらのエネルギー システムの不均衡が警報の早期指標である、病気の症状より早く表示されることに気付きました。

この一連の研究成果により、ビル ・ ネルソンは 完全なシステムを設計することを決めました、これらの重要なシステムのエネルギー レベルのバランスを取る。最初に量子 Xrroid 意識インターフェイス (QXCI) が生まれました。単語 ‘Xrroid’ は、ネルソンでの造語「コンピュータ システムの能力」を意味する 2 番目またはより生物学的速度の 100 分の 1 のスピードで体と対話します。

2002 年には、新しいアイデアは、形を整えました。教授ネルソンはソフトウェア プログラムを開発し続けますが、今まで以上のシステムのハードウェアについても開発する必要がありました。その年の 9 月に彼は、SCIO の最初のプロトタイプを作成します。

もう一度彼のウィットにとんだ言葉の贈り物です。SCIO に由来する、ラテン語 です。’理解 と科学的意識インターフェイス操作 (意識したインターフェイスの科学的操作) の頭字語にも対応しています。

システムの開発時にビルは、数学、量子物理学、エレクトロニクス、ネイチャ リズム、ホメオパシー、カイロプラクティック、エネルギー医学、コンピューター プログラミングの科学を統合させました。彼はまた、心理学、ホメオパシー、裸体主義、科学管理、コンピュータ ・ サイエンスおよび国際法なども深く広く研究しました。

分析と歴史のまとめ

 

SCIO の調査から得られた結果として量子力学に基づいたエネルギー測定・修正装置QX-SCIOはビューワの異なる観点から治療を実施することができます。

 

以下の修正が主たる修正機能であると分析より得られました

「感染症
「心と脳。
「ホルモンおよび酵素のレベル
「ビタミンとミネラルのレベル。
「アレルゲンをの要因」。
「食物不耐性
「毒性
「歯科病理学
「感情的な吹き出物。
「神経系の刺激。
「筋骨格系を刺激する」
進化し、境界線のホリスティックな代替医療を横断

参考文献/etc

SCIO (Scientific Counciousness Interface Operation)
QXCI (Quantum Xrroid Consciousness Interface)
Sólo para la investigación. conciencia Holistica.com.mx y filiales no proporciona consejos médicos específicos, y es que no se dedican a la prestación de asistencia médica y los servicios profesionales. El uso del SCIO XRROID
no sustituye a las consultas médicas con un médico o profesional de la medicina para atender la salud y necesidades médicas.
DR. William Nelson
baje y guarde en su pc la Verdadera Historia del DR.William Nelson y el equipo Xroid/SCIO en formato WORD
rramienta de prediagnostico y terapia bioenergética, y en manos de un terapeuta cualificado, los desequilibrios de estos delicados focos energéticos pueden ser rastreados para determinar la causa que provocan la alteración o desequilibrio energético de un órgano o sistema orgánico.

あとがき

この文献はメキシコで発表された文献です。言語はメキシコの母国語、スペイン語で書かれています。書かれた年代は不明ですがQX-SCIO Ver55.5の発表のころ2005年以後と推測されます。QX-SCIOを生み出すまでの履歴は、先に私がHP上に記載している事実関係を上書きしてくれています。

あれこれと揶揄・中傷の記事を日本のサイトで見かけますが憶測や推測または思い込みなどを挟まないで事実を調査することが重要であることを改めて認識し直しました。

まだ訳文途中の世界のSCIO研究論文が多数あります。順次掲載して行きますのでご期待ください。

QX-SCIO研究会

 

 

 

Comments are closed